なわたの海苔屋 スタッフブログ

なわたの海苔屋が発信する、海苔のこと・日々のこと。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
なわたの海苔屋 井手口です。

今日は私のお仕事の様子を紹介します。
たまにはちょっと下らないお話(笑)

現在、全商品のプライスカードを作成中です。
 (新店舗で使う分…だと思います)
印刷して、1つずつ切り離していたところ。

ふぅ…ずいぶん進んだかなぁ?(´▽`)と思って一息ついた、
つい先程の私の作業机を 上から撮ってみました。

プライスカード作成中。
うぐぐ…奥の方にまだ手をつけていないものが見えるよぉぉ~;;

それにしても 商品数 多すぎ ですね(笑)
改めて見てみると、海苔(と、一部青のり等)だけなのに結構な商品数…。
かるたが出来そう(^▽^)と思ったけど、のんきなこと言ってないで作業に戻ります。

全部切り離したら、ラミネート加工して終わり!
ささっと終わらせますよ~♪
スポンサーサイト

こんにちは。
なわたの海苔屋 井手口です。

海苔と一緒に入っている、石灰乾燥剤について の続きです。(リンク先は過去記事。)


海苔を食べ終わっても効果が残っている乾燥剤は、他の食品の保存にもお使いいただけます。
 *例: お茶,乾物類,砂糖,米,スナック菓子,せんべい等
また、食品以外では カメラ等の精密機器の保管,バイオリン等楽器の保管,
カバンや財布、革靴などの保管やドライフラワー作りなどにも利用できます。
 (海苔と一緒に入っていたものは、よくはたいてから使いましょうね)

余った場合は、密閉容器や2重にした袋に入れておくと使いたい時に使えて便利です♪

 2個つづりの石灰乾燥剤。  黒い袋の石灰乾燥剤。
 ↑当店の商品にはこんなカンジの乾燥剤が入っています。

私も時々買って帰って、高野豆腐や干ししいたけ,きな粉や昆布粉の保存に使っています(^ ^*)
特に大活躍しているのが、自分で作った干し野菜の保存です。
…年齢いくつ?とか聞かないで下さいね!
高校の頃から “食べ物の趣味が年寄りじみてるよね” と友人たちに笑われているから、自覚してます…。゚・(゚´□`゚)・゚。


気になっても、乾燥剤の袋をやぶったり中身を取り出さないで下さいね。
また、 効果が残っている石灰乾燥剤に水をかけないで下さい
反応により熱が発生し、大変危険です。

効果がなくなっても、処分する前に 袋を破いて中身を別の用途に利用できますよ。
  ガーデニング肥料として土壌に散布する (→酸性になった土壌を中和する効果があります)
  生ゴミに直接ふりかけると、消臭効果があります
  ペットの散歩時の処理に (→ふりかけてから回収すると、臭いを抑えることができます)
袋を破く際はマスク等を使用し、目や口に入らないよう充分にお気をつけ下さい。

処分する際は、必ず 効果が無くなってから
分別は各自治体の分別方法に従って処分して下さいね。

こんにちは。
なわたの海苔屋 井手口です。

以前海苔の保存についての記事を書きましたが(*リンク先は過去記事)
今日はそちらで触れた 石灰乾燥剤 について書こうと思います。
長くなりそうなので、2回に分けてご説明いたします。


海苔と一緒に袋に入っているのが、石灰乾燥剤です。
(黒の場合もあります)い紙製の四角い袋のものがソレです。
一度取り出して、振ってみるとカサカサという音がすると思います。

さて、その石灰乾燥剤。
乾燥剤としての効果の終わりは、どう見分けたら良いのでしょうか?

乾燥剤の効果チェック

イラスト左上のキリっとした顔の方が、【効果◎】の乾燥剤くんです。
湿気を吸った乾燥剤くんは、イラスト右上のようにぷっくり太ってきます。
取り出して振ってみるとカサカサという音がしなく(小さく)なってくるのも、効果終了の目安です。

当店では乾燥剤のみでもご購入いただけます。
海苔を保存するのに必要な方、不安な方は お気軽にお問い合わせ下さい。


次回はその他の利用方法,使用後の処分などについて説明します。
→続きはこちら

こんにちは。
なわたの海苔屋 井手口です。

毎月遅ればせながらの紹介となっております、「今月のおすすめ商品」4月版です。

4月はこちら。
4切容器 味・焼

 4切容器 味  4切容器 焼

山口県産の海苔を使用し、味付け/素焼きにしました。
おにぎりに巻くのにちょうど良い大きさ:4切サイズの海苔が48枚入っています。(全形12枚分)

価格はそれぞれ 1本 473円(税込)です。

暖かくなってきて、行楽にもってこいの気候となりました。
お昼ご飯やおやつにおにぎりを作って、家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか?(^ ^*)

こんにちは。
なわたの海苔屋 井手口です。

今日も海苔の保管について書きたいと思います。
以前も書きましたが、これだけは注意して、海苔を美味しく召し上がっていただきたいので しつこく書いてみますね。

海苔はやっぱり、焼いていない乾のりが好き という方が多いです。
火を入れていないため 海苔本来の味と香りが楽しめますが、一方で傷みやすいのが難点です。

特に傷みやすい乾のりちゃん。

乾のりが傷んでいる時のサインは、においで見分けます。

まずですが、赤みをおびてきて、紫色っぽくなります。
束のままでは変色していないようでも、1枚だけ取って光を透かして見てみると変色していることがあります。

また、においは生臭いような、独特なにおいがしてきます。


海苔が傷むのを防ぐには、
 ☆チャック付きの袋密閉保存容器
 ☆必ず乾燥剤と一緒に入れ
 ☆1回で使い切る分だけ小分けにし、
 ☆に保管する
と良いです。

…とは言っても、やっぱり早めに食べていただくのが一番です。
購入する際も、出来るだけ少なめに買っていただけると、悪くしてしまうことなく、美味しく召し上がっていただけると思います。

Copyright ©なわたの海苔屋 スタッフブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。