FC2ブログ

なわたの海苔屋 スタッフブログ

なわたの海苔屋が発信する、海苔のこと・日々のこと。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2011.06.02

海苔の切り方

こんにちは。
なわたの海苔屋スタッフ 井手口です。

スーパーの売り場などで海苔をよく見てみると、色々な大きさがありますよね。
今日はその 切り方 についてご紹介したいと思います。

またイラストを使って説明していきます。
海苔の切り方。
①全形 (「全型」や「板海苔」と書かれていることもあります。) 
 基本の形、切っていない 焼いただけ/味付けしただけ の海苔のことです。
 太巻き寿司やおにぎりに。
 その他、自分の好きな大きさに切って使えます。

②2切
 全形の2分の1の大きさ。
 手巻き寿司おにぎりに。
 ちなみに、コンビニおにぎりの海苔は この大きさです。

③3切,④4切
 おにぎりに巻くのにちょうど良い大きさです。

⑤5切
 当店一番人気のカットエース (リンク先は商品紹介ページ) はこの大きさ。
 俵むすびに巻いたり、おやつおつまみとしてそのまま食べたり。

⑥10切,⑦12切
 旅館の和朝食でおなじみのあの大きさ。
 おやつおつまみとしてそのまま食べるのにもちょうど良い大きさです。

色々ありますね…。
用途別に買い分けても良いですし、全形を買っておいて使う時に好きなように切って使っても良いと思います。

今回紹介した以外にも、縦方向に4切に切ったもの,田の字型に切ったものなどもあります。


海苔の製品には
 [○切×枚(全形△枚分)](例えば「10切50枚(全形5枚分)」)
という表示があると思います。

これは
 「○切の大きさの海苔が×枚入っています。全形にすると△枚分です。」
ということを表しています。

なので、例えば同じ「20枚」に見えても
[2切20枚(全形10枚分)]と[4切20枚分(全形5枚分)]とでは、当たり前ですが 入っている枚数が違います。


この記事を読んだあなた。
今度スーパーに行くことがあったら、ちょっと海苔のコーナーに立ち寄って表示を見てみて下さい。
“なるほど、これか~” という「“a-ha”体験」が出来ますよ^ ^*
(「“a-ha”体験」は脳を活性化するのだそうです!)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©なわたの海苔屋 スタッフブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。